宮古島「こうむら眼科」院長のブログ

こうむら眼科院長、幸村百理男(こうむら もりお)のブログです。ホームページ→https://www.kohmura-ganka.com

1 憩いの森公園

憩いの森は城辺にある広大な自然公園です。

ここの目玉は見晴らしの良い展望台と、

f:id:kohmura_gannka:20180415125041j:plain

珍しい鳥が生息する遊歩道、

f:id:kohmura_gannka:20180415125149j:plain

そして美しい芝の広がる憩いの森公園です。

f:id:kohmura_gannka:20180415130450j:plain

これだけ素晴らしい場所なのに、人と出会うことはまずありません。

美しい自然を独り占めできます😊

f:id:kohmura_gannka:20180415125520j:plain

今後はこのような穴場スポットを紹介していきたいと思います。

今年も残すところわずかとなりました

今年も残すところわずかとなりました。当院では去る22日に忘年会が行われ、日頃お世話になっている多くの関係者の方々にご参加頂きました。会食に、余興にと、大いに盛り上がる会となりました。

今年も長いようで短い、しかし個々の出来事を思い起こすと、やはり長い一年間であったように思います。時には苦難に見舞われることありましたが、そのたびに「患者様の眼を良くする」という一つの目標に向かって一致団結できたように思います。患者様、多くの関係者の方々から頂いた御声援が何よりの励ましとなったことは言うまでもありません。

一年間、本当にありがとうございました。来年もこうむら眼科をよろしくお願いします。f:id:kohmura_gannka:20171229192550j:plain

「こうむら眼科」になりました

本年度四月一日をもちまして、旧砂川眼科医院院長に就任してから二周年を迎えることができました。一重に皆様の御理解と御支援のお蔭です。スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

さて、この二周年を節目に、旧砂川眼科医院は「こうむら眼科」へと改名致しました。新しい名前の下でも初心を忘れることなく、皆様の眼の健康維持に貢献できるよう努めて参ります。

今回の改名を機にロゴマークも一新しました。不安を抱えた患者様が少しでも安心できるようなイラストを目指しました。デザインを担当してくださった甘味うさこさんは、駆け出しのデザイナーでありながら、確かな実力を感じさせる方です。この場を借りてお礼申し上げます。

今後とも、どうか暖かく見守って頂けますと幸いです。よろしくお願いします。

最後に、新年度が皆様にとって素晴らしい一年となりますように、心より祈念致しております。
f:id:kohmura_gannka:20170409160453j:image


f:id:kohmura_gannka:20170409160509j:image


f:id:kohmura_gannka:20170409160521j:image

白内障について①

f:id:kohmura_gannka:20170129122535j:image

白内障はとてもありふれた病気です。眼科を受診して、白内障があると指摘された人は少なくないはずです。それもそのはずで、白内障とは白髪やシミのような老化現象のひとつにすぎません。八十歳以上の方のほぼ百パーセントが白内障と診断される由縁です。

白内障とは、眼球内の水晶体と呼ばれるレンズが濁る病気です(図の矢印)。加齢とともに皮膚が透明性を失うのと同様に、水晶体も徐々に色付いてきます。赤ん坊の水晶体は純水をオブラートで包んだように透明ですが、三十歳頃から徐々に緑黄色を帯びてきて、加齢と共に着色が強くなります。眼科医であれば、水晶体をみて年齢を推測できるほど、はっきりした変化です。これは歳をとると皮膚の透明性が失われ、シワができる現象と似ています。

白内障とは、ベースとなる上記の変化とは異質の濁りが水晶体に加わった状態をさします。皮膚に例えるとシミです。歳をとれば誰でもシワが出ますが、シミの出方には個人差があります(しかしいずれは出ます)。シミは見た目の問題ですが、水晶体に生じたシミは視力障害の原因となります。そうなると治療が必要となります。

白内障の治療の基本は手術です。目薬もありますが、これは進行を少し抑制する程度です。シミ予防の化粧水程度の役割だと考えてください。もっとも、つけ心地がよいため、希望される患者さんは多いです。

当院での白内障手術は局所麻酔で10分前後、日帰りとなります。成熟白内障や褐色白内障など、難しい症例を含めたほぼ全症例に対応しております。成功率は99%以上で、とても安全な手術と言えます。当院で私が執刀した症例は1400件余りになりますが、現時点で深刻な合併症は起きていません。むしろ重症の方ほど視力改善が顕著のため、喜ばれることが多いです。

多くの人が仕事への影響を懸念されますが、埃っぽい作業場や海に潜る場合などを除いて、差し支えはありません。デスクワークであれば翌日から可能です。建築現場、漁業や農業などは患者さんの状況に応じて、よく相談してから開始時期を決めます(通常は一週間程度です)。

最新鋭の白内障手術機器を導入します


f:id:kohmura_gannka:20161229190018j:image
f:id:kohmura_gannka:20161229190031j:image
(上がセンチュリオン、下がコンステレーション)

当院では、平成29年1月より最新鋭の白内障手術マシンであるセンチュリオンを導入します。濁った水晶体(目の中にあるレンズ)を砕くさいに使用するマシンで、従来のマシンよりも安定性に優れています。沖縄県では四番目の導入となります。

現在使用している「コンステレーション」も最新といえる機器ですが、こちらが硝子体手術という手術を得意としているのに対して、センチュリオン白内障手術に特化しています。

この二つを揃えるのは非常に贅沢なことで、日本全体でも両方備えているクリニックは珍しいです。しかし、特に離島においては、機械が故障したさいのバックアップに対して万全を期すべきと考え、導入を決定しました。

 

「離島だから仕方ない」という言葉が私は好きではありません(残念ながら、離島で医療をしていると、よく耳にする言葉です)。そうでなく「離島だからこそやる」と考えるのが当院の方針です。センチュリオンは、その方針を支える新たな大黒柱となってくれると期待しています。

今年も一年間ありがとうございました

f:id:kohmura_gannka:20170104210151j:image
砂川眼科は29日が仕事納めとなります。今年も無事に乗り越えられたのは、ひとえに皆さまの御支援のお陰です。

継承して二年の節目となる来年四月には「こうむら眼科」への名称変更を予定しています。新しい名称の下でも、スタッフ一同、皆様の目の健康維持に貢献できるよう、これまで以上に精進して参る所存でございます。


来年もどうか砂川眼科をよろしくお願いします。

睡眠について2

f:id:kohmura_gannka:20160924150519j:image

宮古島の夕焼け)

眠れないことを恐れているため、睡眠薬を止められない方がいます。私も眠れないことがあるので、その気持ちは理解できます。しかし、それでも薬は飲まないように心がけています。

前回述べたように、睡眠薬は日中も体内に残存します。たとえ微量でも脳の活動を抑えるため、注意が散漫になり、手術や診療のパフォーマンスが低下する可能性があるのです。

もちろん睡眠不足も問題です。しかし眠れなくても、目を閉じて横になれば、以下の理由により身体を休めることは可能です。

①横になるだけで、内臓の血流は三倍になります。
これにより内臓が休まります。逆に睡眠薬や寝酒は、それを分解する肝臓の負担となるため、内臓の休息効果を弱めます。

②部屋を暗くして目を閉じるだけで脳が休まります。
脳の処理する情報の九割は視覚と言われているため、これが遮断されるだけで脳の負担はかなり減るのです。逆に言えば、眠れないからと言って本を読んだり映画を観たりすれば、休息の効果は失われます。

意識が落ちなくても横になるだけで、睡眠の七割の効果が得られると言われているのは、以上のような理由からです。一方で、お酒や薬を飲んで眠っても、実際にはダメージが翌日まで尾を引くのです。

大事な仕事を控えているとなかなか寝付けません。そのような時は、目を閉じて翌日のイメージトレーニングをしていた方が良いというのが、私の考えです。このイメージトレーニングが功を奏し、救われたことは一度や二度ではありません。